新卒で入行したメガバンクを2年3カ月で辞めた私の理由

皆さんこんにちは。

大義:より幸せな社会、生活を実現するために。
仕事は自己実現するための手段、本質的な目的を常に意識し自己研鑽に努める。
鶏口となるも牛後となるなかれ。
その会社、事業、人に自分の人生を賭けられるか。
どこに勤めているかではない、何を経験してきて何が出来るか。
己を知り、敵を知れば百戦危うからず。
謙虚にスポンジのように吸収
一歩引かない、前に出る
給与<自分の成長
社内での評価<市場での評価 を意識する。
Customer first

【就活軸】
体育会部活動で選手兼マネージャーとして勤めた経験➡他者を支えること、組織(社会)の効率化を自分が主導する役割にやりがい。
飲食店(油そば)でのアルバイト経験➡当時まだ有名ではなかったが、味に惚れ込み絶対に成長すると思い働く➡実際に事業が成長する様を間近で見て面白かった。➡自身と所属する組織が共に成長することにやりがい

【転職を決意した理由】
元々、社会ニーズをビジネスとして解決している伸び盛りのベンチャーで働こうと思っていた。(就活時も内定出ていた)
しかし社会人として多様な業種、事業に無くてはならない金融という部分に携われるのは新卒で入行出来る銀行のみという思いから入行。融資等銀行業務を一通り修行した後転職しようと決意した。
今は事業を行っている顧客に対する支援、いわば間接の間接。融資したお金が返ってくるか、貴重な経験ではあるが事業の評価よりそこを見る。
銀行ではできないこと➡社会をより良くする事業の発展、創出に直接携わり経営に貢献している実感を持ち働きたい。(どうすれば三方良しでよいサービスを普及できるか)
ベンチャー気質のある会社で(就活時もベンチャー1社内定出てたんだ。)。
将来の自分の姿が見えるのが、単純につまらない。
①顧客の隣に立ち、社会を良くする実感を直接感じたい。
事業の発展を手伝うよりも、自分が信じた事業を伸ばすこと、事業の創出・改善に直接携わりたい。
②高い専門性を得て、生涯役立つスキルを身に着ける。

ーーーーーーーー以下、より本音に近い所としてーーーーーーーーー

①働き甲斐
自分がしていることが、社会の役に立っている実感が持てなかった。
本部から来るノルマに対してひたすら収益獲得のために動く。
企業である以上収益は絶対なのだが、顧客の都合ではなく銀行目線で動く。
それによって社会が良くなっている実感を持てない。
私は企業の成長を支えることでよりよい社会を築けると思って銀行に入ったので、この矛盾を抱えたまま働くのが辛かった。。

②将来性(自身のスキルセット)
私がいた銀行だと、法人部では普段の業務の割合が
事務手続き・行内調整の社内政治が7割
顧客との商談・提案内容の検討が3割
と圧倒的に中に対する仕事が多い。中に対する調整・事務も昔からの非効率なものが多く残っており、日々の業務に一杯で改善する余裕もない。銀行全体が目の前の仕事で多忙を極めていて、従業員も自分の担当以外の業務に対する熱意が全くないんですね。
それは私もそうでして、上から言われたこと以外やらない習慣が根付いてしまってるんです。
銀行内部でしか通じないスキルを磨くのに時間を掛けることに、自分の中で我慢が限界に達しました。

③銀行という風土環境に対する嫌気
銀行はよく言われているように、旧態依然とした環境です。
徹底的な上意下達、大量採用と出世競争、出世するかどうかレールに乗っているかどうかで決まる。横を見れば5年、10年、20年後の自分が見える。全く楽しそうに仕事をしていない。いつ外に出ても通用する人材でいたかった。

【銀行に入行した理由】
①社会を根底から支えている事業に携わりたかったから。
②その事業を通じて、社会をより良くしたかった。

【なぜそのような就活軸になったか】
①大学から初心者として運動部に入部した経験から。
②何度も辞めようと考えたが、4年間継続出来た。
③友人としても好きな同期の存在、主務という代わりのいない役割を担ったやりがい。

メガバンクの仕事は激務?地銀との違い|女性/一般職/総合職

【メガバンク】残業地獄から抜け出して、仕事の質を上げて行こう

【選社軸】
・その会社が、最も自分に合った会社か➡結婚しても良いと思える相手か
・その会社の企業理念、事業内容、社員、社風を心から好きだと思えるか。
・その会社の事業、業務が将来的なキャリアパスに活かせるか。

【中長期的な目標】
・全体的
今回の転職を通じて単純な営業に止まらず、以下のスキル獲得する。
・転職先について
今回の転職を通じて、単なる営業に止まらず事業立案、企画、マネタイズのスキル構築も図る。


【幸せとは】
満ち足りた状態。
ある程度裕福な先進国では経済的な豊かさと幸福度に相関関係は見られない。
・自分の事が好き。
・主体的に生きているという感覚を持つ事。
・楽観的であること。
・外交的であること。
ーーー以下自分の考えーーー
・衣食住に不安がないこと。
・将来に対する不安が無い事。
・承認欲求が満たされていること。
・愛し、愛されているという実感があること。


【今後のキャリアパス】
①起業もしくはベンチャー起業への参画。
未だ明確な事業分野、モデルが見つけられていない。
そのためにベンチャー企業で働き、成長中の会社、事業を収益化するフェーズに携わりたい。

②営業としてのスキルを磨く。
今は無形商材、コンサルティング営業、既存及び新規営業、フィールドセールス、アウトサイドセールスの経験がある。
これに加えマーケティング、インサイドセールスといった違う営業手法も身につけたい。
ITの力を活用した、より効果的な営業手法。
その為にWoed、Excel、Powerpointの活用も必要か。


コメント